ソーキそば


 

 

 写真は、沖縄の名物『ソーキそば』。好きな人は、物凄く好きなのに、ダメな人は本当にダメというグルメ。『ソーキそば』は、いわゆる『沖縄そば』と麺は同じですが、上に乗っている肉が違います。ソーキは骨付きの豚肉(あばら肉)を柔らかく煮たものです。まぁ、煮込んだスペアリブのようなものですね。沖縄そばは、ソーキではなく、ラフテー(豚の角煮)が乗っています。ラフテーは、普通の豚の角煮と違い、沖縄のお酒『泡盛』で煮込みます。日本酒で煮込むよりもコクのある深い味わいになります。ソーキもラフテーも美味しいですよ!
 沖縄そばは、そばという名前ながらも蕎麦粉を使っていません。小麦系の卵麺で(細いうどんがラーメンのようにウネウネしている感じ)、うどんのようなコシもありません。食感としては、マルチャンの『赤いきつね』の麺と同じような感じです。
 ソーキそばは、店によって当たりハズレがあります。ソーキ自体は、それほどハズレはないのですが、麺やスープの方は明らかにあたりハズレがあります。ハズレの店の場合、グルメ的には、地獄グルメに入れていいと思います。
 そばのスープは、塩味が足りない店が多いので、塩を足すと、もっとおいしくなるのではないかと思います。でも、あの卵麺の食感はどうも馴染めませんでした。
 ちなみに、写真のソーキそばは、沖縄そばの専門店で食べたものですが、私の口には合いませんでした。でも、地元の方には好評のようで、お店には結構、客が入っていました。

沖縄旅行プレゼント!【セレブな懸賞】

沖縄の野菜・果物特売所太陽昇COMPANY(ティダノボルカンパニー)

Top   Back

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース